【札幌市で賃貸・不動産管理に強い】株式会社アイトラスト

お問い合わせ

011-556-0342

営業時間:9:00〜18:00(定休日:日・祝)

※営業時間外でもお問い合わせ下さい。

入居者様はこちら    入居者様はこちら

トピックス

tel

011-556-0342

営業時間:9:00〜18:00(定休日:日・祝)

※営業時間外でもお問い合わせ下さい。

WEBからのお問い合わせはこちら

アパート不動産管理の空室対策!家賃を下げる前にできる3つのこと

2021/07/06 管理コラム

■アパートの空室対策なら
「家賃を下げる」不動産管理をするべき?

アパートの空室が目立つ場合、状況改善のために家賃を下げるという不動産管理方法がよく使われます。

しかし、空室が多いときはオーナーの家賃収入も厳しい状況ですから、安易に家賃を下げることはおすすめしません。

アパートの空室対策として家賃を下げる不動産管理をしてしまうと、後から家賃額を引き上げることが難しくなります。

また、仮に家賃を下げても空室が目立つ場合は、収入がさらに下がった状態で不動産管理を続けなければいけません。

アパートの空室対策では家賃を下げる前に3つの方法で不動産管理を見直してみましょう。

■アパートの空室対策で
家賃を下げる前にすべき不動産管理

アパートの空室対策で家賃を下げる前に行いたい不動産管理の方法は3つです。

アパートの現状や立地に合わせて不動産管理の方法を見直す必要があります。

アパートのターゲットによっても適切な不動産管理方法が変わってきますので、よりターゲットに合った方法で空室対策することが重要です。

・アパートの清掃など印象アップをはかることで空室対策する

清掃などで印象が変わると、入居を検討している人のアパートへの印象も変わります。

空室対策として家賃を下げる前に、まずは徹底してアパートの清掃をするなど、印象を改善できるところに力を注いでください。

・無料インターネットの提供などサービス面に力を入れて空室対策する

ネット環境は趣味でも仕事でも必要という人は少なくありません。

アパート引っ越し後にインターネットの契約をするのは入居者の手間です。

最初からインターネットを使えるようにしておくと「便利だ」ということで、入居希望者には好印象です。

不動産管理をするうえで、近隣の物件とサービス環境を比較し、近隣よりも付加価値という点で一歩リードしておくと人気が出やすくなります。

・楽器可物件やペット可物件などアパートを変えて空室対策する

空室対策のために賃料を下げる前に、アパートの居住条件の見直しをしてはいかがでしょう。

たとえば現状は単身者向けでペット不可にしているが、ペット可にする。

家やビルが密集していないことを強みとして楽器可物件であることをアピールする。

このような方法が考えられます。

■最後に

空室対策には賃料を下げるという方法もありますが、一度下げると賃料をなかなか上げられないという問題点があります。

オーナーの賃料収入も減るため、安易に下げて空室対策するより、他の部分を見直す不動産管理からはじめてはいかがでしょう。

たとえばターゲットがファミリーや単身者の場合は無料ネット環境などサービスを充実させてアピールする空室対策があります。

駅などから離れており不動産が密集していないアパートの場合は、楽器可にすることで強みとしてアピールすることも可能です。

アパートに合った不動産管理と空室対策を当社アイトラストと一緒に考えてみませんか?

お問い合わせ

Contact

電話でのお問い合わせ

tel

011-556-0342

営業時間:9:00〜18:00(定休日:日・祝)

※営業時間外でもお問い合わせ下さい。

WEBでのお問い合わせ